土地の境界問題の解決をサポートします。
( 土地家屋調査士 山川事務所 )

*当事務所のコンセプト

土地・建物の不動産は、先祖から引き継ぎ、たま次の代に引き継がれ、そのまた次の代にと引き継がれていくものです。

過去・現在・未来へと続く中で、「引き継いだ物をきちんと守って行きたい」と、考えておられる方も多いかと思います。

また、その中で、「守る為に何をしないといけないのか?」・「何かあった時に、何を誰に聞けばいいのか?」と分からない事も多いと思います。

また余談ですが、土地の境界を調査するには、正確な測量と資料調査が必要であり、土地家屋調査士は、その調査・測量により、公正な判断を必要としています。

上記の事より、

土地のリフォームの為に、「正確で公正な判断により、分からない事を分かるようにする。」    

これをコンセプトに当事務所は、努力していきたいと考えております。                       
                                                         土地家屋調査士 山川慎哉

トップ  > 土地家屋調査士の紹介

土地家屋調査士の紹介


 土地家屋調査士 山川慎哉

生年月日 昭和 54年 1月 21日  

登録年月日 平成 23年 12月 1日

日本土地家屋調査士会連合会登録  福岡 第2195号

民間紛争解決手続代理関係業務認定(ADR) 第729005号

連絡先等

〒812-0061 福岡県福岡市東区筥松2-29-11-103

 TEL 092-292-3307 ・ FAX092-292-3308

 メール 3d8d3b@bma.biglobe.ne.jp

* facebookもやっています。 「山川慎哉」で検索してください。

*自己紹介

平成9年4月に日本大学生産工学部土木工学科に入学するが、平成12年に同大学を中退する。

その後、プロのボーカリストを目指す為、音楽活動を行う。

大学在学中にUMCボーカルスクールに入学してから、ボイストレーニングを受ける。

その間、音楽活動を続けるものの、売れる事が出来ずに、平成14年に福岡県に帰郷。

その後、土地家屋調査士の資格の存在を知り、受験および実務の修行を数年行う。

福岡県に帰郷して10年目の平成23年12月にやっと資格登録をして、開業する。

現在、お客様の為に日々、業務に励んでおります。