土地の境界問題の解決をサポートします。
( 土地家屋調査士 山川事務所 )

*当事務所のコンセプト

土地・建物の不動産は、先祖から引き継ぎ、たま次の代に引き継がれ、そのまた次の代にと引き継がれていくものです。

過去・現在・未来へと続く中で、「引き継いだ物をきちんと守って行きたい」と、考えておられる方も多いかと思います。

また、その中で、「守る為に何をしないといけないのか?」・「何かあった時に、何を誰に聞けばいいのか?」と分からない事も多いと思います。

また余談ですが、土地の境界を調査するには、正確な測量と資料調査が必要であり、土地家屋調査士は、その調査・測量により、公正な判断を必要としています。

上記の事より、

土地のリフォームの為に、「正確で公正な判断により、分からない事を分かるようにする。」    

これをコンセプトに当事務所は、努力していきたいと考えております。                       
                                                         土地家屋調査士 山川慎哉

トップ  > 未登記建物の登記解決支援  > 未登記建物の登記解決サポート

未登記建物の登記解決サポート

当事務所が掲げる「土地のリフォーム」のコンセプトに基づき、建物の利活用の観点から、未登記建物の建物表題登記サポートのサービス内容を記載しております。

*未登記建物とは!
  1. すでに、建物として建築されており、居住用など使用しているが、不動産登記がされておらず、登記事項証明書(登記簿)が、存在しない建物です。
  2. また、母屋があり、そのあとに物置などの生活に必要な建物を作り、現在使用しているが、登記簿にその物置などが表示さてれいない建物です。

   代表的には、この2種類になると思います。(その他もありますが)

*解決の為の不動産表題登記としては、

  1、については、建物表題登記を申請する事になります。

  2、については、物置などが附属建物となりますので、建物表題変更登記を

    申請する事になります。

   (母屋を主たる建物・物置を附属建物とする表題登記です。)

  この建物が登記されていない場合も非常に多いです。

建物の形態により、さまざまな不動産の表示登記をしないといけない場合もあり、
また、未登記建物の登記完了までには、お時間が多少かかります。
いろいろな諸事情(相続や売買等)により、建物表題登記が必要な場合が来るかと思いますので、その際に、お客様のサポートをいたします。

*登記支援のサービス内容

  1. 御相談内容をお伺いする為にお客様の建物にお伺いします。そこで、状況確認と事前見積をさせていただきます。
  2. まずは、登記されているかどうかを調査しますので、法務局での調査をします。
  3. 建物が登記されていない状況(未登記)の場合は、不動産の表題登記の申請を支援いたします。
  4. 建物調査の測量をいたします。
  5. その上で、登記申請に必要な書類を作成します。
  6. また、お客様にご準備していただく書類もありますので、ヒアリング後に、ご説明いたします。
  7. 必要な書類が揃い、建物の調査が完了しましたら、建物表題登記を法務局へ申請します。
  8. 登記が完了しましたら、その後の所有権の登記を行う意向であれば、提携しております司法書士へ、不動産の権利登記をお願いいたします。

  ざっとですが、このような流れになります。

*料金

  1. 附属建物の登記のみ  5万円~
  2. 建物表題登記から    7万円~

  料金帯は、最低料金からの掲載です。

  登記をする建物の状況により、金額は異なりますので、初回の打ち合わせの際に

  見積をさせていただきます。





 
 

 

 

 

at 2015/08/31 13:26:11