土地家屋調査士 山川事務所
土地の境界問題の解決・未登記建物の表題登記の解決
をサポートします。

当事務所へのお問い合わせは、 電話番号 「 092-292-3307 」 まで!!

メールでのお問い合わせは、問い合わせフォームよりお願いいたします。

ホームページ検索は、 「 土地 境界 福岡 」 で検索を!!


当事務所の土地家屋調査士 山川慎哉です。  
作業着での写真ですが、宜しくお願いいたします。 測量風景の写真も添付しております。                                                   

      

トップ  > 実際にあった相談事例の解説コーナー  > 「こんな場合の境界標の設置の際は、境界立会が必要か?」


お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
土地家屋調査士 山川事務所

〒 812-0061
福岡県福岡市東区筥松2-29-11リバティ箱崎103

  • 電話:092-292-3307
  • FAX:092-292-3308
    *ホームページの検索は、
     「土地 境界 福岡」のキーワードを入力してください。
    *メールでのお問合せは、
     お問合せフォームよりお願いいたします。

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

「こんな場合の境界標の設置の際は、境界立会が必要か?」

第2回目の動画より、事例紹介等の動画となります。まずは、1回目です。
 
第2回目の動画は、事例紹介1回目 「こんな場合の境界標の設置の際は、境界立会が必要か?」です。
 
2年前に、実際にお問い合わせがあった内容の事例紹介です。
初歩的な内容となりますが、意外と、誤解されているケースでもありますので、紹介いたします。
 
下記の動画を参考にしてください。
また、事例紹介の動画より、ホワイトボードを中心とする背景の動画構成とさせていただきます。
たまに、顔を出しますが、宜しくお願いいたします。
 
 

 

 

 

at 2020/01/06 08:26:56