土地の境界問題の解決をサポートします。
( 土地家屋調査士 山川事務所 )

*当事務所のコンセプト

土地・建物の不動産は、先祖から引き継ぎ、たま次の代に引き継がれ、そのまた次の代にと引き継がれていくものです。

過去・現在・未来へと続く中で、「引き継いだ物をきちんと守って行きたい」と、考えておられる方も多いかと思います。

また、その中で、「守る為に何をしないといけないのか?」・「何かあった時に、何を誰に聞けばいいのか?」と分からない事も多いと思います。

また余談ですが、土地の境界を調査するには、正確な測量と資料調査が必要であり、土地家屋調査士は、その調査・測量により、公正な判断を必要としています。

上記の事より、

土地のリフォームの為に、「正確で公正な判断により、分からない事を分かるようにする。」    

これをコンセプトに当事務所は、努力していきたいと考えております。                       
                                                         土地家屋調査士 山川慎哉

トップ  > 料金案内

料金案内

①お電話・メールによるお問い合わせ後の現地での初回相談は、無料となります。
  
 *相談時間ですが、1時間程度を目安として考えております。
 
*②以降~は、事前の見積・業務契約後に開始いたします。

②土地の現況測量 立会無し               5万円~

 (土地の大きさ・筆数により料金は変動します。)

③土地の境界確定測量                   30万円~

 隣接地との境界の立会を実施して、境界を確定します。

 (土地の大きさ・筆数により料金は変動します。)

④土地の分筆登記・地積更正登記等           40万円~

 境界を確定した後の不動産の表題登記申請

 (土地の大きさ・筆数により料金は変動します。)

⑤土地の境界立会による境界確定が困難な場合は、
  
  筆界特定制度・土地家屋調査士会のADR制度の利用をご提案します。

  筆界特定制度の申請代理業務    5万円~ (事前の見積となります。)

  ADR制度の利用      ADRセンターへの初回申込みをしていただきます。
                  (申込み費用は、別途かかります。)

*記載金額は、消費税込みの金額になります。

*調査測量作業の金額は、あくまでも目安になります。

 土地の広さ等により、測量代金は変動しますので、見積を無料で実施

 いたします。料金にご承諾いただきましたら、業務を開始いたします。

*境界確定が完了するまでに長期間を要する場合も想定されます。

 また、境界立会自体が実施できない事も想定されます。 

 ・土地境界確定までが完了後に、代金の御精算。

 ・土地の現況測量代金の御精算→境界確定作業(完了後代金精算)

 と2パターンの方法を用意しておりますので、お見積りなどの提示の際

 お客様と十分に協議した上で、業務開始させていただきます。

*料金につきましては、分割によるお支払いにも対応しております。
 業務開始前に、契約書を作成いたしますので、その際に分割支払いの場合は、
 支払回数等につきましては、協議の上、決めさせていただきます。

*銀行振り込みの場合の手数料は、お客様負担にてお願いいたします。