土地の境界問題の解決をサポートします。
( 土地家屋調査士 山川事務所 )

*当事務所のコンセプト

土地・建物の不動産は、先祖から引き継ぎ、たま次の代に引き継がれ、そのまた次の代にと引き継がれていくものです。

過去・現在・未来へと続く中で、「引き継いだ物をきちんと守って行きたい」と、考えておられる方も多いかと思います。

また、その中で、「守る為に何をしないといけないのか?」・「何かあった時に、何を誰に聞けばいいのか?」と分からない事も多いと思います。

また余談ですが、土地の境界を調査するには、正確な測量と資料調査が必要であり、土地家屋調査士は、その調査・測量により、公正な判断を必要としています。

上記の事より、

土地のリフォームの為に、「正確で公正な判断により、分からない事を分かるようにする。」    

これをコンセプトに当事務所は、努力していきたいと考えております。                       
                                                         土地家屋調査士 山川慎哉

トップ  > 土地のリフォームとは?  土地のリフォーム5か条

土地のリフォームとは?  土地のリフォーム5か条

建物のリフォームは、よく聞く言葉ですが、土地のリフォームという言葉はあまり聞かないと思います。この言葉は、ある方との会話の中で生まれた言葉であります。

私の祖父・祖母は、いわゆる地主であり、当事務所のHPの冒頭でも記載しているように、私自身もいずれは、不動産を引き継ぐ側になる人間です。

また、不動産を守る方法も、さまざまなニーズから最適な方法を考えなくてはなりません。

この事から考えて、私は、「土地のリフォーム」

① 土地の境界問題を解決させ、土地の価値を上げるようにする。

② ①により、さまざまな活用が計画できる土地にする。

③ ①により、土地にある建物もさまざまな活用が計画できるようにする。

④ 不動産の法律問題を解決させて、安心・安全に守り続けるようにする。

⑤ ①~④の実現の為に、最適な不動産登記の方法を支援する。

この5つの事をする事だと考えております。

当事務所では、不動産の法律問題を解決する支援をする事により、

お客様の土地のリフォームのサポートをいたします。

上記は、当事務所が考える「土地のリフォームの5か条」です。

                                   土地家屋調査士 山川慎哉

*土地家屋調査士は、「不動産の表題登記」を専門とする業務です。
  
 土地の表題・分筆・合筆・地積更正・地目変更登記
 建物の表題・表題変更・滅失・分割・合体登記 などの不動産表題登記があります。

 また、土地の測量については、
 土地の現況測量・境界確定測量・境界標埋設作業 などを実施します。