土地家屋調査士 山川事務所
土地の境界問題の解決をサポートします。
未登記建物の表題登記の解決をサポートします。

土地家屋調査士 山川事務所 のホームページを、ご覧いただき、有り難うございます。

当事務所へのお問い合わせは、 電話番号 「 092-292-3307 」 まで!!

・メールでのお問い合わせは、問い合わせフォームよりお願いいたします。

・Web面談も対応いたします。詳細は、メニューより確認ください。

・当事務所の「すまっぽん!」からもお問い合わせが可能です。

 メニューに詳細を記載しておりますので、掲載のQRコードを読み取り下さい。

*ホームページ検索は、 「 土地 境界 福岡 」 で検索を!!


当事務所の土地家屋調査士 山川慎哉です。  
宜しくお願いいたします。                                               

      

トップ  > 当事務所からのお知らせや最新情報  > 未登記建物かどうか、法務局で調査する方法・・・

未登記建物かどうか、法務局で調査する方法・・・

未登記建物についての事ですが、「法務局に登記されていないかも?」
と疑問に感じたら、まずは、最寄りの法務局で、登記簿(全部事項証明書)を
調べてください。

調べ方ですが、

法務局で、不動産の登記簿(全部事項証明書)の交付申請をしますが、

現在の建物が建っている土地の所在と地番は、お分かりだと思いますので、

交付申請の用紙に、「土地の所在地」を記載します。

そして、家屋番号の記載箇所に、土地の地番を記載します。

これで、法務局の受付に提出してください。

このときに、「建物が未登記かもしれないので、土地の地番での家屋番号の

建物全部事項証明書があるか調べてください。」


と受付の職員の方にお伝えしてください。
(上記の事をお伝えすると、職員の方は、なぜ調べているか状況を察してくれます。)

また、このときに、登記簿(全部事項証明書)の請求の為の登記印紙は、まだ貼らない事です。

ここで、上記の事をお伝えした後に、

「建物の登記簿(全部事項証明書)があった際は、登記印紙を購入します。」

とお伝えください。これで、受付職員の方は、大まかな事は察してくれます。

上記の法務局での調査で、建物の登記簿が出てこなかった、未登記状態となります。

このようにして調べてみていただければと思います。
(ちなみに、上記の方法で、私は調査しておりますので、登記簿が出なかった際は、登記印紙代も掛からなくて済みます。)

当事務所ホームページをご覧になった際は、参考にしてください。

 
 

 

 

 

at 2018/05/15 20:00:09